乳幼児期から始める英語教育

子どもが母親のお腹の中にいる時に聞かせるCDなどが販売されているほど、英語教育は低年齢化しています。英語教育は0歳からでも始めることができます。読み書きはもちろん言葉を話すことも出来ない0歳から、どのようにして英語教育を始めるのでしょうか?
早くから英語教育を始めることのメリットと、乳幼児向けの教育で気を付けることをご紹介します。

乳幼児英語教育のメリット

乳幼児期における英語教育には、どのような効果があるのでしょうか。
乳幼児は耳や脳が柔らかく、英語を吸収しやすいです。言語の習得には音をインプットすることが重要です。6歳までの子どもは音に対する能力があります。この時期に英語の音に慣れていると、小学校以降に英語の学習を始めたときに有利になります。また、英語に親しむことで、日本語だけでは身につかないコミュニケーション能力が身に付きます。国際社会・グローバル化が進む現在、将来的に外国人とのコミュニケーションに生かす基盤になります。

乳幼児向け英語教育の注意点とは?

次に、乳幼児の英語教育はどのようなことに注意して行うと良いのでしょうか?
乳幼児英語教育で一般的なものは、色・形・数などをカードにして子どもに見せながら先生の後に英単語を言わせるリピート指導法です。しかし、3歳未満の子どもにリピートすることを強制したり、発音を矯正したりすることはしないようにしましょう。自分が英語で言っても受け入れてもらえないと感じ、子どもは不安や悲しさから英語をあまり言わなくなってしまいます。
また、CDやDVDは1日30分にし、先生と一緒に集中して見聞きしましょう。その見聞きした歌を先生が楽しそうに歌っていれば、子どもも一緒に歌いたくなります。無理に歌わせることはせず、最初は何度も先生の生の声で聴かせてあげましょう。
一番リラックスできる家から全く別世界に行かなくてはならないこと、生徒たちとの関わり、今までの環境とは違い1対1で相手をしてくれないなどの理由から、3歳未満の子どもを英語教室に通わせるには早すぎる場合があります。英語の先生に教育をお願いしたい場合は、家庭に英語の先生や英語シッターを招くことも一つの方法です。

乳幼児期の英語教育についてご紹介しましたが、乳幼児期に適した正しい英語教育を身に付け、決して押し付けないようにして子どもの将来の可能性を広げてあげましょう。素直で異文化もすんなり受け入れ興味を示すこの時期を逃さず、体験させてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ