人気の習い事、ベビースイミングとは?

子どもの習い事で人気の高いスイミング。一般的なスイミングは、泳ぎが上達する以外にも礼儀やコミュニケーション能力をつける、体力をつけるなどの効果があります。3歳くらいまでの子どもには、泳ぎを上手くする目的ではなく水との関わり方を中心としたベビースイミングというものがあります。このベビースイミングとはどのようなものなのでしょうか。

ベビースイミングとは?

子どもが首もすわり、体を支えられ、先天的な病気があった場合もはっきり現れてくる6ヶ月過ぎた頃から3歳頃までに行うスイミングです。ベビースイミングは、お母さんと一緒にプールに入り、歌や音楽に合わせ楽しく体を動かすことが中心です。泳ぐというのではなく、水に慣れるということを目的としています。赤ちゃんは水中で楽しさや緊張感を味わいながら体をいっぱい使い遊ぶことができます。また、体をいっぱい使い元気に遊んだ赤ちゃんは心ものびのびしてきます。スクールを選ぶときは、まず見学に行ってみましょう。きちんとしたカリキュラムが組まれているか、しっかりした指導員がいるか、設備の安全性や衛生面が十分かを確認しましょう。

ベビースイミングのメリット

ベビースイミングをすることで子どもはもちろん、親にもとってもさまざまな効果があります。

・水に対する恐怖心がなくなる
お母さんのお腹の羊水の中で育っていたので、水に慣れ恐怖心がなくなるのは自然なことかもしれません。赤ちゃんと水は生まれる前から身近な関係なのです。

・生活習慣のサイクル作り
昼夜逆転している赤ちゃんは、全身運動をすることで刺激を受けて夜ぐっすり眠るサイクルを作ります。決まった時間にベビースイミングをすることで、お昼寝や授乳などの時間を決めやすくなります。水という、いつもと違う刺激を与えることで脳を活発にさせ昼夜の区別がつきやすくなります。

・親子の信頼関係を築く
お母さんと子どもの肌が密接に触れ合って過ごすことで信頼関係を築けます。また同じことを一緒にし、同じ時間を一緒に過ごすことで親子の一体感が生まれます。

・ママ友ができる
ベビースイミングを行うことで、一緒に参加している母親や子どもとコミュニケーションをとるきっかけになります。同じ月齢の子どもを育てる母親と話すことは、育児でのストレスの軽減にもなります。

ベビースイミングは子どもだけでなく、一緒に参加する親にもメリットがあります。親子の信頼関係や一体感を築くためにも、親子で楽しんで行ってみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ