個性を伸ばす幼児教室の選び方

人間形成の基礎が出来る重要な時期に行う幼児教育の重要性や必要性は国や地域、家庭などでも考え、見直されるようになりました。いかに子どもの可能性の芽を見つけ、その芽を伸ばせるか。そのためには子どもの後伸びする力を育てる幼児教育が大切です。幼児教育と言っても勉強だけでなく知能開発や感覚の向上などさまざまです。では、幼児教室にはどのようなものがあるのでしょうか。

幼児教室の種類

<知育系>
外国語教室・・・英会話や外国語での歌遊びなどを行います。
情操教育教室・・・豊かな感情、情操、行動力、表現力などを育てます。
運動教室・・・体操や水泳などの体を動かすことが中心の教室です。
音楽教室・・・歌、楽器、トリミックなどを行います。
絵画教室・・・制作やお絵かきを行い創造力や想像力を育てます。
知育教室・・・五感を刺激することで知能全般の発達を促進します。知能や才能などの幼児の能力を発達させ、最大限に伸ばします。

<受験対策系>
幼稚園・小学校受験教室・・・国立・私立幼稚園、小学校の受験対策を行います。特定の学校に合格するためのカリキュラムが組まれ、知育系の自由な雰囲気とは異なります。

このように大きく分けて2つのタイプになります。幼児教室での体験や経験が今後の土台となり、子どもの能力や才能に大きく影響します。では、たくさんの教室の中から子どもが通う幼児教室をどのように選べば良いのでしょうか。

幼児教室を選ぶポイントとは?

親の希望だけでなく、子どものやりたいことかどうか、体験教室が楽しかったかどうかなどを確認しながら決めることが大切です。以下にまとめたチェックポイントを確認してみましょう。

・「丈夫な体作り」「受験」「能力・才能開花」などの目的に合った教室か
・親の都合や期待を押し付けず、子どもの自主性を大切にする
・体験授業を受け、子どもの様子を観察し、感想を聞いてみる
・交通の便はよいか、天気の悪い日も通いやすいか
・教室が清潔で整理されているか、子どもにとって安心・安全であるか
・教育方針や雰囲気、授業の様子を確認する
・カリキュラムがしっかりしているか
・講師の資格やスキル、スタッフ間の連携やコミュニケーションはとれているか、スタッフと子どもの距離など、安心して子どもを預けられるか
・親も楽しめる教室か、他の親と上手く付き合っていけそうか

方向性が定かでない子どものためのものなのでニーズも内容もさまざまです。子どもにどうなってほしいか、子どもが何をしたいのか、しっかりと親子で話し合い親子共に合う教室を見つけてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ