幼児教育の必要性

縮小傾向にある教育市場のなかで拡大傾向にあり近年、重要性や必要性を考えられている幼児教育。国家・地域・幼稚園・保育園などでいろいろな取り組みもされています。幼児期には人間形成に必要な心の教育、感性や想像力などを育てる情操教育を中心にバランス良く教育することが大切です。小学校入学後、人としての基本的なことが身についていない場合、学習を進めることが難しいこともあります。では、幼児期に行う教育の考えはどのように変わってきているのでしょうか?

幼児期の教育の傾向の変化とは?

近年、少子化により一人の子どもにかける教育費の増加や、共働きの世帯が増えたことで家庭での教育環境の変化により幼児教育は拡大傾向にあります。また、子どもの可能性の芽を引き出し将来あらゆる職業に就く選択肢を広げてあげたいと考える保護者の影響もあります。では、幼児教育を行うと将来どのようなことに役立つのでしょうか。

幼児教育の重要性

幼児期は人間形成の基礎がつくられる最も大切な時期です。遊びや生活を通じて、情緒的発達・運動能力の発達・知的な発達・社会性などたくさんのことを体で吸収し成長していきます。体を使って遊び・経験・考えることで豊かな感性を育てるとともに、学習態度の基本になる好奇心・探究心・やる気も育ちます。基本的な生活習慣や態度、運動能力、積極性や自主性を小学校入学までに身に付け人間形成の土台をつくっておくことが重要です。人間形成の土台ができていれば小学校以降の勉強で理解力がスムーズに伸びることにも繋がります。しかし、いくら勉強ができたとしても自立性や自律性、社会性や思いやりが無いなどバランス良く土台がつくられていないと不安定な状態で成長していくことになりかねません。学歴や資格ばかりが評価されていた一昔前とは違い、今は発想力、頭の回転の速さ、即座に判断できるなどの社会で活躍・成功する能力が必要とされる時代です。そのため、保護者など子どもの周りにいる大人は、幼児期の教育が子どもの人生を大きく左右するのだと理解しておくことが大切です。幼児期に適切な教育を受けさせる環境を与えることができるのは、周りにいる大人たちなのです。

このように幼児教育は、後から延びる子どもの力を育てることを重視しており、拡大傾向にあります。子どもが持つ生きる力・学ぶ力を周りにいる大人が引き出していくように取り組み、将来の可能性を広げてあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ