感性を育てる右脳教育

人間の脳には右脳と左脳があります。それぞれの働きに特徴があり、お互い助け合い働いています。有名なアスリートや有名な学者などのいわゆる天才は「感性の脳」と呼ばれる右脳を優位に働かせ、ひらめきによって能力を発揮する右脳型が多いと言われています。子どもの持つ才能を最大限に引き出してあげたいものですね。そのためには適切な時期に右脳教育を行う必要があります。

右脳と左脳の働きとは?

まずは、右脳と左脳のそれぞれの働きとはどのようなものでしょうか。

右脳の働き

見た物を記憶したり、無意識にイメージで思考したりします。感性やイメージ脳とも呼ばれます。想像力・直感力などを担う脳です。イメージ力や直観力を開花させることにより、ひらめきや創造性が発揮されいろいろな分野で活躍できます。

左脳の働き

言語や計算、分析など理屈的な思考・記憶を意識的にする脳です。言語脳・理屈脳とも呼ばれます。言語思考を介しているため左脳の記憶・情報処理は遅くなります。

例えば、会話の中で聞いた言葉をそのまま理解するのが左脳の働きで、表情や声の調子を感じるのが右脳の働きです。右脳の能力を育てることで、小学校以降の学習も楽になります。また感性豊かな人間に育ち、創造力を生かした人生を築くことができます。では、右脳を育てる教育とはどのようなものなのでしょうか。

感性を育てる右脳教育

子どもはまず、右脳が優位に働く状態で生まれてきます。0歳~3歳までは右脳、3際以降は左脳が優位に働きます。右脳が発達する時期に適切な右脳教育を受けさせることが大切です。この時期は周りから、どんどん情報を取り入れ人格や情緒に大きく影響します。右脳が活発に働く時期に、右脳教育を受けることで感性が磨かれ、情報の吸収力が上がり子どもの成長力が上がります。成長力の違いから、他の子との大きな差が生まれます。子どもによってさまざまですが、芸術的・音楽的・語学才能の開花、記憶力・集中力・直感力の向上などの効果が挙げられます。言語を覚え左脳が活発になる時期になると、内側に潜んでいる右脳の優れた機能が活かされなくなります。左脳が優位に働く時期までに右脳の働きを育成し、いつでも右脳を活用できる訓練を行うことが大切です。

3歳までに大人の80%まで脳が成長すると言われています。幼児期は脳の成長で最も大切な時期です。右脳が優位に働く時期に右脳教育を行い、直感で考え、瞬時に記憶し、高速で物事を処理する能力を身に付け育てましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ