才能を伸ばす右脳教育

子どもの将来のために、才能の芽を見つけ伸ばしてあげたいと思いますよね。子どもの才能はきちんと育てれば無限大に伸びます。その才能を生かすも殺すも親が与える環境次第です。エジソンや夏目漱石などの歴史に名を残した人は、右脳を使い、潜在意識(=無意識)を活用していることがわかっています。意識的に言語によって考え記憶する左脳とは違い、潜在意識により物事をイメージで理解し、一瞬で大量の情報を記憶・処理するのが右脳です。この右脳の潜在意識を働かせることが才能と大きく関わってきます。そのためには、右脳を育てることが重要です。では、右脳を育てる右脳教育とはどのようなものでしょうか?

右脳教育とは?

直感で考え・瞬間で記憶し・高速で処理する能力を育てるのが右脳教育です。3歳までは言葉で理解し、理論的に処理することは出来ません。しかし、イメージや瞬間記憶・直感・ひらめきなどは鋭いです。このイメージ力が鋭いうちに、右脳教育で子どもが持つ才能を育てていきましょう。感じたままに絵を描くことや、リズムに合わせて表現すること、スキップや縄跳びなど子どもが日常的にしていた遊びが右脳を育てることにも繋がっています。右脳が活発に働く幼少期に右脳教育を行うことで感性が磨かれます。感性が磨かれることによって周りから入る情報の捉え方が変わります。これは、情報の吸収力が向上して成長力が上がることに繋がります。成長力が上がることで大きな差が生まれてきます。天才と呼ばれる人や成功者と呼ばれる人は、「潜在意識を積極的に活用している」「自己イメージを持ちそれを発揮できる」「はっきりした強い願望を持っている」と言う3つの条件を満たしています。これは右脳の活用に基づくものです。だからこそ、子どもの才能を伸ばすには右脳を育てていくことが大切なのです。

右脳教育のメリット

では、右脳教育を行うとどのようメリットがあるのでしょうか?

・問題解決能力や意思決定力が向上する
・自分の本心を自分の心に聞くことができるようになる
・記憶力・集中力が上がる
・アイディアをたくさん生み出すことができる
・語学の習得能力が身に付く
・物事をそつなくこなすことができる
・複雑な計算が速くできるようになる

右脳を育てることは勉強以外にも、日常生活や仕事、今後の人生においても役立ちます。右脳が優位に働く0歳から3歳までの期間を逃さず、右脳を育て子どもの才能を伸ばしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ