考える力を育てる知育

最近よく耳にしたり目にしたりすることが増えた「知育」という言葉。子どもにとって知育がどのように良いのか理解している方は少ないのではないでしょうか。知育と聞くと成績優秀な子どもに育てるために行う、詰め込み教育だというイメージがありませんか?成績のよい子どもになるのは知育の効果の一つであり、それが目的ではありません。では、知育とはどのような目的があるのでしょうか。

知育の目的とは?

読み書きや計算などの勉強能力を高めるというのではなく、「自分で考えられる力」を育てることを目的としています。目の前の問題状況を把握し、経験や自分の価値観などを上手く結びつけ一番良い答えを導く力を育てます。この能力が高くなれば、勉強の方法も上手になり、成績にも影響します。また、仕事面でも段取り良く進め、テキパキとこなすことができます。「自分で考える力」は自然と育つものではなく、脳が成長する幼児期にたくさんの刺激を与えることが必要です。子どもが将来苦労しないように早くから読み書きや計算などの学習をさせたいと思いますが、脳が発達中の幼児期には脳を育てる知育をおすすめします。子どもに無理矢理やらせるのではなく、子どもが興味を持ち楽しんですることが重要です。知育のためのおもちゃやドリルなどたくさん販売されています。どれも、子どもが楽しみながらできるよう工夫されています。

おすすめ!知育の方法

幼児期にたくさんの体験をすることは、大人になって何事にも意欲的に行動するなど大きく関わってきます。ドリルや教材だけを与えるのではなく、体を使って体験し感じることも大切です。今回は手軽に出来る知育の方法をご紹介します。

指先を使った遊びをさせる

指先は脳の神経に直結しているため、指先を使えば使うほど発達します。ビーズや折り紙など単純な作業でも、子どもの脳はフル回転します。

自然体験をさせる

自然体験をさせることは最高の知育です。植物や動物に触れることで五感をフル回転します。自然の匂い肌触りなどは感覚として体に刻み込まれ、たくさんのことを感じ、知ることができます。

子どもの想像力や感覚を伸ばすには、親が子どもと積極的に触れ合い、子どもの質問に対し大人が答えるなどのコミュニケーションが関係してきます。また、自然体験をさせ五感を使って体験させることで心身共に健康な子どもが育ちますので、たくさんの物に触れさせてあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ